はなのやま鍼灸院

治療の流れ

治療の流れ

治療を受けられるにあたり

治療を受けられるにあたり

安全でスムーズな施術を行う為のお願いです。

施術前には

施術を受ける10~15分前から、体を休めておいて下さい。

施術直前のお食事やマッサージは、出来るだけさけてください。普段のお体の状態が診られません。止むを得ない場合にはその旨を教えてください。

施術前には

施術中には

積聚治療は全身が対象ですから、お腹・背中・腕や脚を出しやすい格好になっていただきます。

ネックレス・ブレスレット・指輪・イヤリング・メガネ・腕時計など身につけているものを出来るだけはずし、冷え症の方など特別の場合を除き靴下も脱いでいただきます。
Tシャツ・短パンなどご自分のお着替えをご用意されても結構です。

施術中には

顔の色も判断の対象になりますから、化粧は出来るだけ控えてください。マニキュアやペディキュアも、爪の様子が判らず困ります。
治療の順序は腹部(仰向け)→背部(うつ伏せ)→腹部(仰向け)の順で、それに伏せて手足などを診ます。

治療中は気持ちをゆったりとして下さい。現在服用している薬あるいはサプリメント、使用中の健康器具等を教えてください。

※当院で使用している鍼は、使い捨て(ディスポーザブル)ですので、衛生上のご心配はありません。

施術後の諸注意

施術を受けられた日は、静かにお過ごし下さい。

これは鍼灸治療によって動かされた「気」の静まるのを待つような気持ちです。
特にアルコールや洗髪・入浴(シャワーは可)・徹夜・性行為・激しい運動・重労働などは気力の消耗が強く、治療の影響を帳消しにする傾向があります。
怒る行為・苦手な人との会食など、ストレスや気疲れの原因になると思われることもなるべく控えてください。

施術後の諸注意

初めての施術を受けられた後は、今までにない身体の状態を経験することがあります。

例えば、眠くなる・だるくなる、或いはかえって症状が重く感じられるなどですが、鍼灸の治療は「気」を動かすことですから、そのような違和感は「身体の歪み(気の滞りや偏り)」が調整されていく過程であるとみてください。
それまでの症状や疲労、冷えが強いほど、その反動は強いものです。2度3度と施術の回数を重ねるにしたがって、施術後の不愉快な反応はなくなっていきます。仮に我慢できない症状が現れた時は、その旨ご相談下さい。

より良い体調を保つ為には、施術を受けるだけでは不十分です。むしろ日頃の生活の仕方が非常に大切です。

それというのも病気のほとんどが日常の生活や心の状態に何らかの問題があり、起因しているからです。
この機会に冷たい食べ物と飲み物を控え、身体を冷やさない、就寝時間を早める、ストレス発散や身近な人になんでも話すなど、生活の内容や日常のストレスに目を向けられてみてはいかがでしょうか?

治療の流れへ戻る

ご予約・お問合せ

詳しくはこちら

info@hananoyama-hariq.com

アクセス

はなのやま鍼灸院 小岩

はなのやま鍼灸院 小岩

〒133-0051 東京都
江戸川区北小岩6-11-15

TEL:0120-012850
(フリーダイヤル)

C+plus(シー・プラス)はなのやま

C+plus(シー・プラス)
はなのやま

〒289-1805 千葉県
山武市蓮沼二-1860

TEL:0120-012850
(フリーダイヤル)

いただいたお電話は不在時でも
携帯電話に転送されます。

詳しくはこちら

心のケアも大切です 東洋思想から観る心のカウンセリング

訪問治療も応じます!1人で悩まずに、まずはご相談を!

ブログまねき猫日記